教室はまちがうところだ




モデルとなっているのは小学校の教室だけれど、
中学校に高校に、全ての教室に通ずるものがあると思います。
今の子供達はいかに早く正解を出すかを学ぶことに急いでいるのかも。
正解を導き出すための手段、
考え方などを学ぶためには色んな方法があって例え間違いであったとしても
そこから正解を見つけ出すための手段を学ぶのだということを
全ての子供達に教えてくれる本です。
勇気を持って自分の考えを言える雰囲気作り、
全ての先生と呼ばれる方々にも一度読んでいただきたいと思います。
教室にこの本が置かれて子供達が読んでくれたらいいな。


さらに詳しい情報はコチラ≫



寛ぎと幸せの本屋さん
この本e堂 本店


posted by bw-j at 16:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめ絵本

幸せを売る男




小学校「道徳」の副読本に全面採用され、
累計30万部を突破した『いのちのまつり』シリーズのコンビがお届けする、
小学校高学年以上の子どもたちに伝えたい新作絵本。
ある日、物語の主人公「トモ」が住む村に、幸せを売る男たちがやってきます。
ひとりの男がこう言いました。
「ああ、なんという貧しさだ。
 ここにはなにひとつない。
 これでは人間らしい生活はできまい。
 幸せになるための知恵を売ってやろう」。
村人たちは男の言う意味が、よくわかりませんでした……。
幸せとは何か? どうすれば幸せになれるのか? トモたちが最後に選んだ道とは?
未来を創る子どもたちにこそ知ってほしい、大切なメッセージにふれてみてください。


さらに詳しい情報はコチラ≫



寛ぎと幸せの本屋さん
この本e堂 本店


posted by bw-j at 09:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめ絵本

いのちのまつり つながってる!




大人から子供まで、幅広い読者に支持されながら10万部を突破
したロング&ベストセラー絵本『いのちのまつり』。
待望の第2弾がいよいよ刊行されました。
今度のテーマは「つながってる」。
小学生のミズちゃんは、あることから「つながり」の話を聞きます。
その夜、夢の中に出てきた驚きの風景。
数え切れないほど、つながっていく大切なものって何だろうね?



さらに詳しい情報はコチラ≫



寛ぎと幸せの本屋さん
この本e堂 本店


posted by bw-j at 09:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめ絵本

パンダ銭湯




いま、明かされる「パンダのひみつ」。
あなたは、パンダ専用の銭湯があるのを知っていますか。
実は...あるのです。

え〜っ、まさか、そうだったのか...。
あなたの知らないパンダの世界がここにあります。


さらに詳しい情報は≫



寛ぎと幸せの本屋さん
この本e堂 本店

posted by bw-j at 09:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめ絵本

気持ちの本 |たくさんの子どもたち /森田 ゆり


気持ちの本気持ちの本
たくさんの子どもたち /森田 ゆり
童話館出版 刊
発売日 2003-07



表現の大切さ! 2006-07-11
 人間は自分の気持ちを表現して伝えることが大切です。現代社会には、さまざま
なストレスがあります。その時の気持ちを素直に伝えることができたら、一緒に聞
いてくれる人がいたら、みんなの心は安心します。大人も子どもも自分の気持ち
(心)を表現する方法(スキル)をこの本から学びましょう。

 みんながそのスキルを学ぶことができれば、犯罪がなくなり、いやな思い
をする人が減っていくでしょう。

 子どもも大人も今一度読んで欲しい本ですね。


さらに詳しい情報はコチラ≫




寛ぎと幸せの本屋さん
この本e堂 本店

posted by bw-j at 13:24 | おすすめ絵本

あらしのよるに ちいさな絵童話 りとる |木村 裕一


あらしのよるに ちいさな絵童話 りとるあらしのよるに ちいさな絵童話 りとる
木村 裕一
講談社 刊
発売日 1994-10


1994年の発売後、講談社出版文化賞絵本賞、産経児童出版文
化賞JR賞を受賞したのを皮切りに、舞台化、イタリア語版の発行、ビデオ紙芝居の
発売とその反響はとどまるところを知らず、2000年には小学校4年生の国語の教科書
に採用されている。
生き生きと描かれた絵に、読み聞かせに最適なテンポのいい短い文章。かみ合わな
いようでかみ合った会話、ばれそうでばれない展開は、読み聞かせているはずの大
人をもとりこにするはず。大人も子どもも続きを考えずにはいられない1冊。

立場を超えてお互いを思いやる心
超えられらない矛盾を持ちながらも、お互いを思いやる心を描いています。

この世はなにかと相対二元の世界ですので必ずしも解決がつくとは限らない
のですが、

その二つの真ん中に自分の本心をプレゼンスさせてともに受け入れること、
二つとともに生きることなどを問いかけていると思います。

このガブとメイの心温まる友情物語は大人にもお勧めです。








さらに詳しい情報はコチラ≫






posted by bw-j at 09:32 | おすすめ童話

あなたが生まれるまで





独身時代に知人の家で読み、心に残っていた本でした。
その後、結婚し、妊娠し、この本を購入しました。
お腹の赤ちゃんと自分のために、声を出して読んでいました。
そして、長男誕生後、息子に読んだら、息子はとても気に入りました。
何回も読んでとねだりました。
絵を指さして笑いました。
とてもユーモアのある本です。リズムもいいです。

マタニティブルーになっていた友人にこの本を贈ったら、
とても喜ばれました。友人には、絵本を数冊、贈りました。
その中でも、この本が一番良かったと喜んでいました。
気持ちが明るくなったと言っていました。

産婦人科に置いてあったらいいな、と思います。



さらに詳しい情報はコチラ≫


寛ぎと幸せの本屋さん
この本e堂 本店


posted by bw-j at 10:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめ絵本

新編銀河鉄道の夜 |宮沢 賢治


新編銀河鉄道の夜新編銀河鉄道の夜
宮沢 賢治
新潮社 刊
発売日 1989-06




奇蹟の軌跡…
天の川で僕らはまたやり直せる。
幾億もの星屑、そこにはすべてがあってすべてがはじまってなく、
だけど終わったわけじゃない…祈りを込めた言葉(言霊というべきか?)、美しく輝く生の昇華きっと日本という国の人にしか書けない物語だと思います。
こんなにロマンティックな物語はまさに奇跡だし、やっぱ賢治こそ神なのかも。
神様がたくさん存在する国が生んだ、空に輝く大きなダイヤモンド!


さらに詳しい情報はコチラ≫




posted by bw-j at 10:02 | おすすめ童話

シャーロットのおくりもの |ガース ウイリアムズ /E.B. ホワイト


シャーロットのおくりものシャーロットのおくりもの
ガース ウイリアムズ /E.B. ホワイト
あすなろ書房 刊
発売日 2001-02



子供向けと侮るなかれ 2006-09-20
これ、名作です。豚とクモの友情のお話ですが、感動の涙もぽたりとたれます。ローラで有名なガースウィリアムズの挿絵もいい味出してる。

幼少期の読書体験って本当に大切ですよね。この本を読んでから、私はクモが怖くなくなりました。1年以上同居している小さいクモの名前もシャーロットです。小さなお子さんへの贈り物にも最適です。


さらに詳しい情報はコチラ≫



心温まる寛ぎの書店
この本e堂 本店


posted by bw-j at 09:46 | おすすめ童話

いやいやえん―童話 |中川 李枝子 /大村 百合子 /子どもの本研究会


いやいやえん―童話いやいやえん―童話
中川 李枝子 /大村 百合子 /子どもの本研究会
福音館書店 刊
発売日 1962-01


主人公しげるが通う保育園のお話が5話収められている。
短いお話も長いお話もあり、好きなものから読める。
また、絵も多いため、簡単に読み進めることができる。

「ちゅーりっぷほいくえん」は、しげるの保育園のことを簡単に紹介している、短いお話。
「くじらとり」は、しげると保育園のお友だちが、くじらとりにでかけたお話。
どこに行ったのかはないしょ。
「ちこちゃん」は、しげるとちこちゃんが、保育園で机の上にのるお話。
新しい子が保育園に来る「やまのこぐちゃん」は、ちょっどびっくり! 
新しく来たやまのこぐちゃんは、ほんもののこぐま! 
しげるはなかよくなれるかな? 
「おおかみ」は、おおかみがお昼寝しているところにしげるが来て…おおかみが、子どもを食べるのが大好きだって、知ってるよね? 
「山のぼり」は、保育園のみんなで山のぼりにいって、まいごになったしげるが、とんでもないものにあっちゃうお話。
『いやいやえん』は、しげるが「いやいやえん」っていうヘンな保育園につれてかれちゃうお話。

ひらがなが多くて、漢字にはすべて「ふりがな」がふってあり、小学校低学年くらいから1人で読める、子どもたちに人気の童話。(つちだみき)


しげるくんと僕 2002-09-03
僕も保育園に通っていました。
保育園でもこの本が大人気で、母にせがんで誕生日のプレゼントに買ってもらいました。
昼寝のときや夜に寝かしつけるとき母は感情をこめて読んでくれて大笑いをしたことをいつまでも覚えています。

この本がきっかけで僕は本が好きになりました。
いろいろなお話の中、当時はわからなかった内容もそうだったのかと納得しています。
保育園がいやだったやんちゃなしげるくんに自分を重ねていたので読み返すたびにあのころの幼い自分がよみがえります。

また会えたね。しげるくん。
次の世代を担う子供たちも頼むよ。(かとうたつや)


さらに詳しい情報はコチラ≫



癒しと寛ぎの本屋さん
この本e堂 本店

posted by bw-j at 11:05 | おすすめ童話

あなたが守る あなたの心・あなたのからだ |平野 恵理子 /森田 ゆり


あなたが守る あなたの心・あなたのからだあなたが守る あなたの心・あなたのからだ
平野 恵理子 /森田 ゆり
童話館出版 刊
発売日 1997-09



自分のためにも♪
過去の自分を見つめなおし過去の体験を開放するのに役に立ったと思います。
難しい言葉でなく、分かりやすく語りかけるような文体で、子どもだけでなく大人
も是非読んでいただきたい本だと思います。


さらに詳しい情報はコチラ≫



寛ぎと癒しの本屋さん
この本e堂 本店

posted by bw-j at 16:01 | おすすめ童話

決定版 心をそだてる これだけは読んでおきたい 世界の名作童話 (決定版101シリーズ)




世界中から集めたおもしろいお話の決定版!
子どものための世界の古典文学から、とくに面白いお話を選びに選んで21作品を収録。
子ども時代の今だから読んでほしい、泣いて、笑って、楽しんでほしい1冊です!


更に詳しい情報はこちら>>

寛ぎと幸せの本屋さん
この本e堂 本店


posted by bw-j at 09:04 | Comment(0) | おすすめ童話

だいじょうぶ だいじょうぶ |いとう ひろし


だいじょうぶ だいじょうぶだいじょうぶ だいじょうぶ
いとう ひろし
講談社 刊
発売日 1995-10


ぼくが今よりもずっと赤ちゃんに近く、おじいちゃんが今よりずっと元気だったころ、ぼくとおじいちゃんは毎日のように散歩を楽しんでいました。僕が少し大きくなって、困ったことや怖いことに出会うたび、おじいちゃんはぼくの手を握り、おまじないのようにつぶやくのでした。「だいじょうぶ だいじょうぶ。」
『おさるのまいにち』『おさるはおさる』で路傍の石幼少年文学賞を受賞した、いとうひろしによる絵本。わかりやすいストーリーと、ほのぼのとしたイラストで展開され、穏やかな暖かさに満ちている。「だいじょうぶ だいじょうぶ」というおじいちゃんの“おまじない”がぼくに教えてくれたのは、「この よのなか、そんなに わるい ことばかりじゃ ないって ことでした。」
子どもたちに、読み聞かせをしている親にとっても「だいじょうぶ だいじょうぶ」という言葉はおまじないになるはず。子育ての責任と不安に、ふと疲れたお母さんにも手にとってほしい。(小山由絵)

思わず胸が熱くなる。 2005-03-31
無駄のない、それでいてほのぼのとした絵で、ぼくが今までおじいちゃんと過ごしてきた日々が語られます。
その一コマ一コマに、おじいちゃんからぼくに注がれる、あふれんばかりの愛情が見てとれます。小さいぼくから見たら世の中は怖いことだらけ。でも、おじいちゃんが「だいじょうぶだいじょうぶ」と言ってくれるだけで
ぼくは広い世界へと一歩を踏み出していくことができます。
ぼくはやがて大きくなり、おじいちゃんは年をとります。そして今度はぼくが言う番です。「だいじょうぶだいじょうぶ」全編に流れる優しさと暖かい眼差し、子供好きの父が生きていたら、同じことをしただろうと思うと涙がこぼれました。
小さな子供よりむしろ、生意気を言うようになった思春期の子供以上のすべての人に一読をお勧めします。


さらに詳しい情報はコチラ≫



癒しと寛ぎの本屋さん
この本e堂 本店


posted by bw-j at 11:15 | おすすめ絵本

愛少女ポリアンナ物語 (絵本アニメ世界名作劇場)




「“よかった”を探すんだ」
牧師だった父が残した言葉を胸に明るく生きるポリアンナ。
孤児になったポリアンナは叔母のパレーに引き取られるがポリアンナの部屋は屋根裏部屋、
しかしそれも一番眺めのいい部屋と思えてしまうのだった。
天真爛漫な小さな女の子が大人たちの凍った心を溶かしてゆく。
「よかった探し」が流行になった『世界名作劇場』シリーズの話題作!                 

※この作品はテレビアニメ『世界名作劇場』シリーズの第12弾作品「愛少女ポリアンナ物語」(1986年放映)を小説化したものです。


さらに詳しい情報はコチラ≫


寛ぎと幸せの本屋さん
この本e堂 本店



posted by bw-j at 09:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめ絵本

不思議の国のアリス |トーベ ヤンソン /ルイス キャロル


不思議の国のアリス不思議の国のアリス
トーベ ヤンソン /ルイス キャロル
メディアファクトリー 刊
発売日 2006-03





キャロル自身がアリスに語り聞かせる口調をそのまま文章にした、永遠の少女たちと、彼女を守りたいと願う永遠の少年たちに捧げる新訳。
「ムーミン」で知られるトーベ・ヤンソンの「幻のアリス」、40年の時を経て初公開!

さらに詳しい情報はコチラ≫




寛ぎと幸せの本屋さん
この本e堂 本店

posted by bw-j at 09:36 | おすすめ童話

葉っぱのフレディ―いのちの旅 |レオ バスカーリア


葉っぱのフレディ―いのちの旅葉っぱのフレディ―いのちの旅
レオ バスカーリア
童話屋 刊
発売日 1998-10


春に生まれた葉っぱのフレディが、自分という存在に気づき、成長し、「葉っぱに
生まれてよかったな」と思い、「葉っぱの仕事」を終えて冬に土へとかえっていく
までの物語。
死を怖がるフレディに親友のダニエルが答える。
「変化するって自然な事なんだ…
死ぬというのも 変わることの1つなのだよ」
フレディの番が来て、地面に降りたとき、初めて自分の命を作った木の全体の姿を見て、そこに永遠の命を感じる。
そして、フレディ自身は知らなくても、やがて土にかえり木を育てる力になる――。
「生まれること」「変化すること」が「永遠の命」へとつながる意味を、フレディ
とダニエルの会話を通してわかりやすく語りかけている。
写真だけでは硬くなりがちのところを、ページをめくるごとにフレディの変化していく様子が、にじみのあるやわらかさで描かれ、バランスをとっている。
著者はアメリカの著名な哲学者。
子どもから大人まで、すべての年齢層向けの絵本。

この絵本と出会ったのは、社会科の教科書に1部分が載せられてたところから。
じ〜んとしました。
私も生や死についての意味をささやかですが教わりました。


さらに詳しい情報はコチラ≫




寛ぎと幸せの本屋さん
この本e堂 本店

posted by bw-j at 09:19 | おすすめ絵本

決定版 まんが日本昔ばなし101 (幼児図書ピース)




おなじみ「まんが日本昔ばなし」の決定版!
「桃太郎」から「十二支の由来」まで。
なつかしい話、めずらしい話……かつてTVで一大ブームを作った「まんが日本昔ばなし」の中から傑作101話を厳選しました。

桃太郎 さるかに合戦 かちかち山 舌切り雀 こぶとり爺さん 花咲か爺さん 浦島太郎 一寸法師 かぐや姫 金太郎 牛若丸 かもとりごんべえ 雪女 笠地蔵 鶴の恩返し 十二支の由来 他

本書は、テレビ放送で大好評を博している「まんが日本昔ばなし」の総集編です。
放送開始から20年をこえ、これまでに放送された1400以上の話の中から選んだ、101話をおさめました。
文化庁優秀映画作品賞、厚生省児童福祉文化賞、放送批評懇談会第36回期間選奨、ギャラクシー賞期間選奨、放送文化基金賞、JNNネットワーク協議会特別賞、他多数受賞。


さらに詳しい情報はこちら>>

和みの本屋さん
この本e堂 本店


posted by bw-j at 10:19 | Comment(0) | おすすめ絵本

ごんぎつね |新美 南吉 /黒井 健


ごんぎつねごんぎつね
新美 南吉 /黒井 健
偕成社 刊
発売日 1986-09



やるせない終り方 2005-08-03
誰しもが知っているでしょう、ごんぎつねです。
まず目を引くのは美麗な挿絵。
美しい色彩に彩られる儚くもやるせないごんぎつねの物語。
小さな悪戯をし、次第にキツネはその埋め合わせをします。
それが逆効果になろうとは、キツネは思ってもいないでしょう。
やるせない終わり方、だけど心に余韻が残ります。
大人にこそ読んでほしい作品です。


さらに詳しい情報はコチラ≫




posted by bw-j at 10:02 | おすすめ絵本

ディズニー おはなしだいすき 名作童話集1 (ディズニー物語絵本)




ディズニーの代表的な名作を全2冊に収録!
第1集は話題の「ファインディング・ニモ」をはじめ、
「モンスターズ・インク」「トイ・ストーリー」など、楽しいお話を中心に全23話。



さらに詳しい情報はこちら>>


和みの本屋さん
この本e堂 本店



posted by bw-j at 11:18 | Comment(0) | おすすめ絵本

日本の昔ばなし20話 (名作よんでよんで)




1 伝統ある日本の昔ばなしを、コンパクトに、たっぷり20話も!
知っておきたい日本のお話が、読みやすくまとまっていて、すっとストーリーが頭に入ってきます。1冊で20話も収録されているので、毎日ちがうお話を楽しめて、お得! かさばりがちな絵本棚の、省スペースにも貢献します。

2 大きくてかわいいさし絵に、子どもが集中。
幼児教育の現場で活躍中のイラストレーターたちの手による、誌面いっぱいのダイナミックなさし絵は、何度見返しても新たな発見があり、子どもを飽きさせません。
1冊でいろいろなタッチのイラストを楽しめるのも、うれしいポイント。

3 全話解説つき!
幼稚園・小学校教諭を17年間勤めた経験を持つ監修者による、各話の解説が、ためになる! と大好評!
お話の背景やテーマを頭に入れておくと、読み聞かせる声にも、より一層、心がこもります。

「お話の解説が、読み聞かせる前知識として、とてもありがたく助かりました。
メッセージを頭に置くことにより、心して読み聞かせることができました」(読者の声より)


>>更に詳しくはこちら


posted by bw-j at 14:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめ童話